Code for History

"Code for History"はIT技術を歴史学上の問題の解決に使うコミュニティです。強調したいのは、我々にとってIT技術は「手段」であって「目的」ではありません。「目的」は歴史学上の問題を解決する事であって、必要であればITでない手段も活用します。常に最優先なのは、問題を解決することです。

SotM2017向けにMaplatを整備してみて

Maplatを今年のState of the Map Aizuwakamatsu向けに整備しての気づき: ‬

‪データ整備:‬

  • 同じ地域の古地図を多数マッピングする場合、正確地図側のマッピングポイントはほぼ同じところになる場合が多い。地域毎のマッピングポイント候補データセットか、あるいは他の地図のマッピングポイントを読み込める機能と、それに対するだいたいの対応点位置リコメンド機能が必要。
  • 対応点としてのGCPと、トポロジーエラー解消のために加えた補助GCPを見分ける属性必要。

アプリ側:

  • 地図もPOIも、こちらから提供した情報しか表示できないアプリだと、それだけで街歩きが完結できない。予約してる宿の場所やコンビニの場所、トイレの場所など、ユーザーが他から得た情報の取り込みUI必要。
  • POI説明文の中に別の施設の説明がふくまれていることがあるが、その施設がPOIとしては整備していなくても、準備した地図の中に画像情報として含まれていることがある。そこに対し、地図IDと座標などで遷移できるリンク機構を準備すると、コンテンツの連携を高めることができる。

© TileMapJp/歴史国土/地図タイル工法協会