Code for History

"Code for History"はIT技術を歴史学上の問題の解決に使うコミュニティです。強調したいのは、我々にとってIT技術は「手段」であって「目的」ではありません。「目的」は歴史学上の問題を解決する事であって、必要であればITでない手段も活用します。常に最優先なのは、問題を解決することです。

不慮に失われるものへの記憶は事前に残しておくことが大切...なので早くポータル申請復活して欲しい

【Ingress×ポケモンGO】宮城県石巻市にある実物のないポケストップは「記憶のポータル」として津波から生き残ったデータで申請された特別なポータルだった

なるほど。

しかし本来はOSMと同じで、災害が起こる前に残されるべきもの、もっと言えば災害みたいな大規模事象でなくても、地域の事情で消えていくもの(たとえば今なら奈良高畑町の案山子の田んぼとか)を残すために記録されていくべきだと思うので、早くポータル申請復活して欲しい。

..という投稿をFBにしたら、いただいた他の人のコメント引用:『記憶をのこすだけでなく防災とポケモンの組み合わせとか色々拡張可能なアイデアが出てきそう』
ほんとそう!

© TileMapJp/歴史国土/地図タイル工法協会