Code for History

"Code for History"はIT技術を歴史学上の問題の解決に使うコミュニティです。強調したいのは、我々にとってIT技術は「手段」であって「目的」ではありません。「目的」は歴史学上の問題を解決する事であって、必要であればITでない手段も活用します。常に最優先なのは、問題を解決することです。

誰も伊達や酔狂で1億円企業と喧嘩なんかしねえよ

伊達や酔狂、ワガママでStroly社と争ってると思われてる節感じるけど、社員10人以上抱えて弁護士までついてる1億円企業相手に1人で喧嘩して怖くないわけないやろ。
あの会社が俺に対してなしたいまだに謝罪ない脅迫、騙しに対する怒りと、まだ開発中途だった中途半端な技術を拡散される事の社会的損失に対する危機感がなけりゃ、こんな喧嘩とっくにやめてるわ。

あと、と言いながらも、同じ業界にお互い居てイベントなどで顔合わせることも多いんだから、お互いに謝罪し合って過去の事は水に流そうぜ、という呼びかけは常に俺の方から何度かしてる。
それに対して弁護士がしゃしゃり出てきたり、警察に通報した、などと常に逃げ回ってるのがStroly社の方。
嘘だと思うなら弁護士との内容証明のやりとりで俺の方から出したもの公開でもなんでもするけど。

© TileMapJp/歴史国土/地図タイル工法協会