Code for History

"Code for History"はIT技術を歴史学上の問題の解決に使うコミュニティです。強調したいのは、我々にとってIT技術は「手段」であって「目的」ではありません。「目的」は歴史学上の問題を解決する事であって、必要であればITでない手段も活用します。常に最優先なのは、問題を解決することです。

ICC 2019 TokyoでMaplatの発表をしました

ただいま開催中の国際地図学会2019東京(ICC 2019 Tokyo)で、昨日(7月17日)Maplatの発表をしました。

www.icc2019.org

Open Sourceカテゴリーの枠で発表したのですが、今日18日に古地図関係の枠がたくさんありました。
こちらで発表すればよかった...。
しかも今日は早々に名刺を切らしてしまい...胃が痛い。

論文、発表で使用した資料を公開いたします。

論文

www.slideshare.net

発表資料

www.slideshare.net

© TileMapJp/歴史国土/地図タイル工法協会