Code for History

"Code for History"はIT技術を歴史学上の問題の解決に使うコミュニティです。強調したいのは、我々にとってIT技術は「手段」であって「目的」ではありません。「目的」は歴史学上の問題を解決する事であって、必要であればITでない手段も活用します。常に最優先なのは、問題を解決することです。

ぶっちゃけIngressは流行らないと思っていたので、焦ってポケモンGoには追いすがってる

位置ゲーご意見番のつもりだった癖になぜIngressに走らなかったのかって、位置ゲーを下手に運営してただけに経験則でIngress絶対流行らないと思ってたところもあるのよね。

位置ゲー「ゼロサムゲームの奪取系」「自分との闘い国盗り系」「交流で世界が育つコロプラ系」という系譜があって、ユーザがシジフォスのように終わりのない苦行で消耗するゼロサム奪取系は全く市場が大きくならなかったのに対し、国盗り、コロプラの順で成長したので、ゼロサムゲームは成長しないという経験則を持ってて、Ingressは間違いなくゼロサムゲームなので育つわけがないと思って無視してたら、きっちり最低限は流行った挙句、ポケモンGOに繋がったので焦っているという。

今思えば、ゼロサムゲームといっても個人戦と団体戦では全然違うし、空間に絵を描くとか自己顕示欲要素もあったり、ミッションとかも後から追加されたり、予想外に流行った理由も説明できないではないけど、しかし結果的に経験が目を曇らせるということもあるのだなあと思いつつ、ポケモンGOについてはちゃんと注意と対策を払っていきたいと思っている次第です。

© TileMapJp/歴史国土/地図タイル工法協会